【レポート】C級審判講習会が無事終了しました


2017年12月16日に東京雪合戦連盟と共催した「C級審判講習会」を実施しました。

参加者は大学生、社会人、小学校の先生、香港から!と、バラエティ豊かに17名が参加してくださいました。

講師はA級ライセンスをお持ちの金子氏。東京で数少ないスポーツ雪合戦のエキスパートとしてご活躍されております。

 

まずは座学。動画を用いてスポーツ雪合戦の説明から始まり、審判をしていく上で問題となりやすい点を具体的にピックアップして講義が進んで行きます。

IMG_9522

1時間の座学後に、場所を変えて実際にレフリングの体験をしました。

場所はいつもの町田シバヒロ。

最初は声出しの練習。審判は大きな声で明確に判断を伝えなければなりません。そのため、恥ずかしさやためらいを振り払い「青1番、アウトーーーーーーー!」「赤3番、アウトーーーーーーー!」と声出しの練習です。

声だけでなく、身振りも大切。試合を止めたり終了を告げる身振りとフォイッスルの吹き方にチャレンジして頂きました。みんな最初は恥ずかしそうでしたが、金子先生の容赦ない指導に最後は全員大きな声と身振りで合格をもらいました。

続いて、実際の試合の流れに沿っての手順を確認。

センターライン上に並んでヘルメットの確かな装着、靴裏のチェックなど、手順を確認して頂きました。

金子先生は熱のこもった指導の連続!はじめて本格的な雪合戦を行う香港からの生徒さん達は、通訳を介して真剣に学んでいました。

IMG_9519IMG_9415

最後に実際の試合を最初から最後までレフリングして、今日の成果を確かめました。

参加者の皆様は、無事にC級審判の資格を取得することが出来ました。長い時間お疲れさまでした!

 

C級審判講習会は年1回のペースで開催しておりますが、人数がまとまれば開催することは可能です。

ご興味のある方は、是非ご連絡下さい!

Tel 03-6326-5106  (10:00~18:00)